内観&昇華を始める前に

PSX_20190905_030718.jpg

[ 内観 ] 自分の内を観ること

[ 昇華 ] 自我&エゴを『我』に戻す、統合すること

前回、

「アナタに起こるすべてのことを、
感情を、
思考を、
一つ一つ内観し、
昇華していく
これこそが私たちが地球に生きている目的であり意味なのだ」

と書きましたね。

私は内観&昇華なくして真我覚醒はあり得ないと思っています。

だけど 私の言うことを信じましょう~~とか言うつもりはないのです。

私の言うことをアナタが信じるか信じないかなんて、
私にとってはどうでもいいことなんです。

それにアナタが自分自身で真我覚醒する方法を探し出すのもアリなのですから。

それと、
内観し昇華をやっていっても
真我覚醒できるかどうかは分からないです。

それは各々の人生プログラム次第ですから。

あのね、

「真我覚醒したい」という目的、我欲のために内観、昇華をやっていくんじゃないですからね。

内観、昇華を生活の中でやっていくということそのものが大事なのです。

「真我覚醒すること」が目的なんじゃないですよ。

ここはしっかりと解っていてください。

もし、
「自分も真我覚醒したい~~っ!」
って我欲がムクムクわいてきたときは、
「はいはい~いつかね~」とか、
「大事なのは内観することだよ~」とかって、
頭(自我)を軽くあしらっておけばいいです。

それに「真我覚醒したい!」っていう思考も内観の材料になるので、
なぜ自分は真我覚醒したいのか、
内観してみたらいいですよ。

私たちの自我&エゴって
ほとんどが “無意識に” わいてきています。

だから
そういう我欲がわいてきた!ということに “意識的に気づける” ようになる、
というだけでも進歩してるっていうことなんです。

なので、
小さな感情や思考に気づくクセをつける、
ということ自体が、
「意識的になる=自覚」ということで、
それだけでもすごい進歩なんですよ。

これコツコツやっていくと、
潜在意識に隠れてる自我&エゴにも気づけるようになっていきます。

それは内観&昇華が真我覚醒につながっていくというだけじゃなく、
内観は私たちの人間的・スピ的な向上、進歩にとても役立つし、

なにより、
アナタの周りに存在しているものすべてがなぜそこに在るのか、
なぜ自分に関わってくれているのか、
それが心底から理解できてきて、

もう “すべてに感謝” しかなくなってくるんですよね。

だからこんなに役立つ内観&昇華をできればマスターしてほしいな~と思っています。

ではここから 内観&昇華をする前に心に留めておいてほしいことを書いておきますね。

◆ 内観はいつやっても構わないし、やりたくなければムリにやらなくてもいい

瞑想は時間を設けてジッと座禅を組んでやるけど、
内観はいつでも好きなときにできます。

慣れてくると歩いてるときや仕事中にもできるようになり、
真我覚醒がさらに進むと、
内観してる間は仕事中でも誰からも邪魔されることなく思う存分内観できるようになってきたりするんですよ。

「仕事中にナヌ!?」って思います?

真我覚醒が進むと周りのすべてがアナタに協力してくれるようになるってことです。

そんなボーッと内観なんかやって給料泥棒!って思うのは3次元思考の人だけ。

◆ 最初 慣れるまでは 5~10分くらいから

お風呂のときとか寝る前とか、
邪魔されずに一人の時間が取れるときにやっていってください。

慣れてきたらいつでも内観モードに入れるようになっていきます。

◆ 途中で不快になったりして、やめたかったらやめても構わない

焦ってムリしてやろうとしないでください。

むしろ焦ってやろうとしない方がいいのです。

いずれ昇華に最適な時期がくるから焦らなくても大丈夫です。

◆ 小さな感情や思考がわいたときにやるクセをつける

やりたくないときはやらないままでも大丈夫です。

何かのふとした感情がチラッと微かにわいてきてもサーッと流してしまう場合もありますよね。

そういうのもほっといても大丈夫。

でもなんか気になるなら、
どんな感情だったっけ?って、
わざわざ思い出そうとしてみてもいい。

とにかく慣れるまでは好きなようにやってください。

◆ 内観して浮かんできたことを書きとめていくとよい

昇華できたらそれも書きとめておきましょう。

これをやると “俯瞰” が上達していきます。

◆ 最初は顕在意識に現れる感情だけやっていけばいい

そのうち潜在意識に潜んでいるものにも気がつけるようになっていくでしょう。

うまく進めば、いずれ深層意識に隠し持っているものも昇華させていくことになるでしょう。

深層意識の内観はかなり手強くて上級だけど、
日々 内観&昇華をやっていくことで “自分軸” の育成になっています。

それには自分自身のプログラムが上向きに進んでると信じて、
地道にコツコツと長いスパンで
(何年もかかる覚悟で臨む)
内観&昇華を積み重ねていくしかないです。

欲張って一朝一夕にいっぺんにガッツリやろうとしないこと。

それも自我&エゴの我欲ですからね。

◆ 内観を続けていると変性意識が表に現れてくる可能性が大きい

変性意識は人間の脳内に誰でも起こりうることで危険なことではありません。

むしろ通過すべきプロセス。

心配しないで大丈夫です。

(⚠スピリチュアルエゴの強い人は変性意識から魔境に一直線になると抜け出せなくなることもあります)

◆ いつも気をつけていてほしいのは『謙虚さ・自惚れ・慢心』

いつも我が身を省みていてください。

もうこれは絶対にクセづけしてほしいって私は思うくらい大事です。

それほどいつも自我&エゴは私たちを進めないよう妨害してくるのですから!

変性意識のときは思いもつかないものが現れたり浮かんできたり聞こえたりすることがあります。

(実際に目の前に現れたり、脳内ビジョンでも)

それも必要な体験なのだし、
楽しむのも4次元の特徴なのだから楽しんでもいっこうに構わないのですけど、
幻想なのだということを思い出して、
(こういうのを『ハッと我(われ)に返る』と言いますね)
浮かれたり有頂天になりすぎないでなるべく早目に通過してください。

それらの体験もいつか内観の材料になります。

スピリチュアルの世界ではそういう幻想にハマり続けてる人がそれこそ星の数ほどいますし、
ネットで見かけたある覚者も慢心に囚われていて魔境にどっぷり浸かっていて。

それもその人たちのプログラムなのですけどね。

そういう人を見て嘲ったり軽蔑したりするのではなく、
我が身を省みる見本にしてください。

ここに書いてきたことは読むだけだと簡単そうに思えるかもしれませんが、
内観&昇華ってけっこう大変なのですよ。

でもやる価値は大いにある。

それでは次の記事で私がやってきた内観&昇華のやり方を書いていきますね。

⇨ shandrani流、内観&昇華のやり方