『思考は現実化する』

clouds-daylight-field-449011.jpg

このタイトルのフレーズって、
スピリチュアル業界のテッパンなんですね。

類似するものに

『引き寄せの法則』
『潜在意識の使い方』

などがあるらしいですね。

私は実はこれらの本を読んだことがないです。

( 正確に言いますと。
1冊持っていましたが、
何度 読もうとしても
なぜかどうしても読めなくて、
読めないので仕方なく捨てました )

なので本の内容についてではなく、
スピ的な真意を私流に解説しようと思います。

まず、
自分のブログなどでこれらに関心がある人たちに共通するのは、

「何とかして望みを思い通りに叶えたい」

という願望が根底にあるということです。

というか、
みんなそのことしか考えていないと言っても過言ではありません。

(もちろんそれでちっとも構いません)

では、望みとは?

はい それは

『自我&エゴの望み』

ということですね。

だけど
私たちは本来は
我欲・物欲などを満たすために
この世に生まれてきているんじゃないんですよね。

それなのに自我&エゴは
あの手この手で我欲を満たそうと考えるわけです。

この違い、
なぜなのか
分かりますかね?

『思考は現実化する』は
今のアナタがたの思考は自我&エゴのことなのですから、
『自我&エゴが考えたことは現実化する』 と言い換えられます。

前にも書きましたけど、
これ、
4次元スピ世界の住人さんなら
できることなんですよね。

実は4次元スピリチュアル世界では
自分に必要なものを現実に顕現することができる (★)

のですけど、

結論から書いてしまうと、

それらぜんぶ
各々のプログラムに書かれてることが起こってるだけ
なのです。

なので、
これらの本に書かれている方法やメソッドを試してみて
望みが具現化したり引き寄せが成功した場合は
それがその人のプログラムにあったから思う通りに現実化した、

どれだけあれこれやってみても現実化しなかった、
望むものを引き寄せられなかったという場合は、
それが現実になるというプログラムではなかった

ということです。

それだけのハナシなわけです。

現実化した人としなかった人の違いは、

そのメソッドが正しいとか、
やり方が間違ってるとか、
アファメーションや念じ方が足りないとか、
真剣にやってないとか、
本を隅から隅まで読んでも理解できてないからとか、
そもそもこのメソッドがニセモノでインチキだとか、

そういうことではなくて、

実践した人のプログラムに成功する体験があるか、
やってみたのに成功しなかった体験があるか、

その違いなだけなのです。

『引き寄せ』系の本を出してる著者たちは
自分があれこれやってみて成功したので
その方法を (自信満々で) 本にしたのでしょうけど、

そもそもメソッドは万人に通用なんてしませんからね。

それが実は不文律なのですけど、
効果をハナから期待してるスピの人たちばかりってことなのですよ。

著者は4次元スピリチュアルの仕組みなんてまだ知りませんから、
自我&エゴの我欲にそそのかされ?て、
本を出してしまった。

そして、

本を買う方もそんなの知りもしませんので、
『現実化させる方法』や『引き寄せメソッド』が書かれた本をあれこれ買い込んでいろいろ試してみるわけです。

お金を出して本を買って
書かれてある通りに実践してみたのに
全然成功しない人にとってはガックリきますよね。

で、その苛立たしさを、

買うんじゃなかった
役に立たなかった
インチキだからお薦めしない

とかってレビューに書いたりするわけです。

また逆に
成功した人はその成功談をコメントに書いたりされますから、

「あ~このメソッドはやっぱり間違いないんだな~♡」
「なら信じて自分もこの本を買ってみよう~♡」

って他のスピの人たちに期待させてしまうわけです。

成功例が多ければ多いほど
スピリーダーとしての地位は確保され
第二弾、第三弾の書籍が出版されていく仕組みです。

こういうのはスピリチュアル業界での美談ですが、
幻想世界で成功したところで
それは自我&エゴがますます自惚れつけあがっていくわけです。

こういった類いの本が山のように出版されていますけど、
正直、本の中身の真偽なんてのはどうでもいいんです。

何のために世の中に出回っているのかというと

はい耳タコ

アナタの中にある自我&エゴをあぶり出すため。

もうね、
すべてそのためなのですよ。

で、

「自分に必要なものを現実に顕現することができる (★) 」
ってさっき書きましたけど。

それは

私たちは自分の成長や進歩に
必要なもの (あぶり出しツール) を
自分で
自分の目の前に
用意する

という意味です。

それを私は『現実化する (顕現する) 』の真意だと考えているのです。

『必要なもの』といっても
お金とか衣食住の類いとか車とか
そういった物品のことじゃありませんよ。

引き寄せ系・宇宙にお任せ系の
フワスピマニアさんの一部は
こういった物品も多数 顕現していらっしゃいますが、

それは

「望みを叶えて引き寄せた♡」
「宇宙が与えてくれた♡」

のではなく、

自我&エゴのあぶり出しのために
あえてその人の手元に
顕れている (それを自分でやっている) のであって、

彼らはそのカラクリ、
自分のそのプログラムに
全く気がついていないのですよね。

なので

その成功法を
自分のメソッドとして
ブログやセミナーや本などで売り込み、
自分の自我&エゴを世間に撒き散らし、
他のスピの皆さんの羨望 (自我&エゴ) を煽っている

というわけです。

私たちはお互いに自我&エゴをあぶり出しっこしあっている
ということですね。

これが4次元スピリチュアル世界の中で繰り返されていることの実態で、

欲望に目が眩んでいるから誰もこのことに気がつかないし、

この我欲を満たせるスピリチュアル世界がワクワクして楽しいのだから、

気づけなくても仕方がないことかもしれません。

でもだから
マヤカシ・眩惑が地球を覆ってしまっていて
真の私たちが隠されてしまっているということなのですよ。

スピの人たちは
「この地球で幻想ゲームを楽しめばいい」
とよく言われますけど、

『 我欲や煩悩を満たすため
引き寄せやワクワクをやって
俗世を楽しむゲーム 』から

『 眩惑で覆い隠された地球から
真の私たちを救いだそう! 』ってゆうゲームの方に
そろそろシフトチェンジしていってもいいんじゃないかなぁ~

なーんて私は思うんですけどね。

今回リサーチしていたら、

「潜在意識でお金がないと思い込んでいる人は
何をどうやってもお金を引き寄せることはできない」

というような触れ込みで
潜在意識を書き換えてくれるというスピ商売もあるんだと知りました。

冷静に考えてみれば分かると思うんですけど、

他人に潜在意識をどーこーできるなんて

本気で思ってます?

潜在意識をアファメーションとかずっと唱え続けて変化させるという、

『 潜在意識に刷り込む・思い込ませる 』

という自分で手軽にできる手法もあるようです。

(私も昔アファメーションやってたな……)

夢を壊すようなこと書きますけど。

これもね、
熱心にアファメーションやってるのは自我ですからね。

もし金運がよくなってきたとか、
願いが叶ったとか、
何かイイコトがあったとしても、
自我&エゴを満足させるようなことが起こったに過ぎませんし、

それも4次元スピの幻想世界で顕現したものに過ぎないですし、

プログラムにあることが起こったに過ぎないのです。

このサイトに出会った人には、
なぜその願望を叶えたいのか
じっくりと内観してみることをお薦めします。

ここまで書いてきてナンですが。

引き寄せでも
アファメーションでも
潜在意識の書きかえでも、

やってみたいと思うことならどんどんやってみたらいいのです。

「あ~これやってみたい~~♪」
と思う衝動は抑える必要はないのです。

その衝動もいつか自我&エゴのあぶり出しのキッカケになりますのでね。

⚠ 衝動による言動は、
非人道的なことに関しては
各々の基準や価値観に任せるしかない。
自分で “意識的” に判断すべし。

私はプログラム (シナリオ) について言及しても、
何でもかんでも「プログラムだから」って
それで済ませるつもりはありません。

だけど「ぜんぶプログラムされていたこと」というのが腑でしっかり知覚できると
すべてのことがつじつまが合ってくるのです。