『因果の法則』

blooming-blur-close-up-161561.jpg

何度か書いてきましたが、
私はシナリオ (宿命論) 説を支持しています。

で、もう一度言っておきますけど、

アナタの毎瞬毎瞬の選択、
それがイコール
アナタのシナリオ
だということです。

「シナリオはもうすでに書かれている」と言われたりもしますけど、

アナタが選択したことが
アナタの人生 (シナリオ) を作り上げていく
のですからね。

どこかのブログで
「気に入らないシナリオは書き換えればいい」
って書かれてるのを見たけれど、

シナリオの書き換えはもうできません。

だけど自分の選択の一つ一つが
自分のシナリオを作り上げていく
のですよ。

私たちはわりと簡単に、

「運命だったんだ~~」
「すでに決まっていたことなんだ~~」

と ポジティブにもネガティブにも思ってしまったりしますよね。

例えば

◆ すごい理想の人と付き合えることになったとき (ポジティブ)

◆ 会社をリストラされたとき (ネガティブ)

これは運命だと思うことで
自分の自我&エゴを納得させとこう~~
っていう想いの現れなんですよね。

私は「運命は変えられない」と書きました。

だけど人生が今後どうなっていくのか、
そのプログラムの全貌は誰にも教えられてはいません。

なので 「運命は変えられる♡」と思っていたければ
それもアリなんですよね。

運命だったんだと決めつけてしまうと進歩はそこで止まってしまいます。

アナタの選択したことが思わぬ効用を生むかもしれないし、
悲惨な結果になってしまうかもしれない。

どちらにしても “そこに在るもの” を観ることが大切になります。

現実に、私たちはたくさんの人間関係の中で生きています。

他者との関わりによって生み出される感情や思考をしっかりと内観することで、
アナタの思考クセ、
つまり自我&エゴをあぶり出すことができます。

私たちにとって
他者や周りとの関わりは
とてもありがたい内観のツールなのです。

他者や周りがいなければ
自分の自我&エゴをあぶり出すことはできないですからね。

よくスピリチュアルで言われる

『 他者 (周り) は自分の写し鏡 』

とはそういう意味なのですよね。

『 鏡の法則 』
『 類は友を呼ぶ法則 』
などとも言いますね。

まだスピリチュアルに関心がない人たちはこんなサイトは見ないと思われるので
スピの人たちに向けてこのサイトをやっているのですけど、

ハッキリ書かせてもらうと

『 法則 』なんてものは本当はないのです。

人間の頭 (自我&エゴ) がいろんな『 法則 (観念)』を作り上げてきたに過ぎません。

あるブログの説明に

① 因果の法則は後で返ってくる (タイムラグがある)
② いつどこから返ってくるか分からない

というものがありました。

『 因果応報 』はだいたい①②が当たり前と思われてきました。

だけどそもそもからして
『 因果もない 』
のですよね。

人間の心情 (自我&エゴ) として、

「これをこうしたから、こういう報いが来たんだ」

と思いたい (コジツケしたい) から、

『 因果律 』というものがここまで普及してきたのです。

自我&エゴは

「アナタがこういうことをしたから、こういう報いが来たんだよ!」 (ネガティブ)

「アナタがこうやったから、こういう恩恵がきてくれたんだね♡」 (ポジティブ)

って、アナタに思わせたいのです。

それがアナタの自我&エゴのあぶり出しになると分かっているから。

ネガティブ思考だと、責めとか、卑下とか、落胆とか

ポジティブ思考だと、有頂天とか、慢心とか、自惚れとか

無意識のその思考に気づかせるためにね。

因と果にはそもそも繋がりなんてない

んだけど、人間はツナゲタイ!

意味を見出したい! んですよね。

だからタイムラグがあるように思えたり、
何が因だった?
何の果なんだろう? って、
心当たりがなかったりもする。

で、
思い当たることがないと、
前世やカルマまで持ち出してきて、
何としてもコジツケようとしたがる。

それがお祓いとか浄霊とかって
怪しいヒーラーの格好の餌食になってしまったりもする。

だけどほとんどのヒーラーに悪気はありません。

だってヒーラーたちは
「因果律はある」
と思い込んでいるから。

疑いもしていないから。

前に書きましたが、

4次元スピ界では霊とか高次元マスターとか
いろんなものとコンタクト (じゃないんだけど) とりますのでね。

守護霊や先祖霊や天使や高次元マスターがこう言ってるって言うと
お客さん信じますしね。

で、ヒーラーの方も、
自分のリーディングをお客さんが納得してくれると、
自分の霊能力やリーディング能力に更に確信を深めてしまう。

(ここにもカラクリがあるのだけどまだ伝える必要はないと思われるのでここでは書きません)

スピに無関心な人たちも
幽霊や霊障は信じたりしていますし、
フワスピ好きのスピ界住人さんも
霊界や、死後の世界や、輪廻転生や、前世や、高次元存在のことを疑わないですよね。

ほとんどの人が
しっかりと
もう
「在る」と思い込んでいる。

そういう概念は昔からずーっと続いてきて、
因果律は世界に定着してしまった。

5次元覚醒 (悟り) しますと
霊とか宇宙人とか
何もいなかったことが解る。

霊界や幽界や神界なんてものもないと解る。

だけど、
4次元スピリチュアルの世界では、
在る。

各々が自分に必要なものを顕現するから。

実際に、
サイキックアタックや霊障に遭う人も、
生き霊も、
悪魔にとり憑かれる人も
いらっしゃいます。

……これもホントはぜんぶ幻想なのですよね……。

これが悟り系でよく言われる「幻想」の正体でございます。

だけど、
その人に必要な体験だから、
それで起こっているのだから、

そこに在る何かしらのことに気づきを得る、
あるいは内観し昇華させないことには、
本当には解決できない。

そういうことで、

たとえ「幻想」だとしても
今もうここにある ” 因果律 ” という概念を
生活の中で役立てて生きていくのがいい

そう私は思っているのです。

霊などについて少しだけ書きましたが、
信じられない、信じたくないなら、それでもいいのですよ。

霊や因果があると
信じたい人は信じていたらいい。

またはアナタが自分自身で追及し
自分で納得できる結論を出せばいい。

いつまで幻想で遊んでるつもりなのか?

もうそろそろ目が醒めてもいい頃なんじゃないか?

もうね、何でもかんでも外にあるもののせいにしたりしないで、
本物の現実を生きてもいいんじゃないか?

……って言いたいところですが

みんな、今、自分のやりたいことを楽しんだらいいのです。

(あれこれ書いても結局これが常套句)