幻想から醒める

PSX_20190803_173533.jpg

スピリチュアル業界において、
覚醒や悟りやノンデュアリティについて語られているものは、
マヤカシの記述がほとんどです。

「私は覚醒した」
「私は悟りに到達した」
「私はノンデュアリティの境地にいる」

こう言っている
または思っているスピの人たちは

ほぼ全員
4次元スピリチュアルの眩惑にマヤかされている……と言えます。

4次元スピの眩惑、幻想に
マヤかされているっていうことに気づいて
通過したところに
真の悟りや覚醒やノンデュアリティがあるのですけれどね。

そもそも
スピの皆さんが考えている「幻想」、

ここの出発点からズレているのです。

スピの人たち、
特に悟り系さんたちは
「すべて幻想」
と言いますけど、

幻想って
自我と自我の生み出したもののことなんですよ。

それがどういうわけか
「すべて幻想」
と広まってしまっています。

スピの人たちは
そこから勘違いさせられてしまってるんですよね。

これ、
聞いた人が鵜呑みにしますと、
目醒めを妨げる自我の企み、
トラップにかかってしまうことになります。

ほとんどすべてのスピの人は
自我にいいように洗脳されています。

( 心配しなくても洗脳は恐ろしいものではありません )

その自我の洗脳から解かれ
幻想から目醒め
本当の自分に還る
それが本来の悟りなのですが、

幻想にマヤかされたまま
幻想世界の中で

「覚醒した」
「私は悟りに至った」
「私はノンデュアリティに在る」

って自我に思い込まされているスピの人たちの多いこと……。

私たちは命を与えられてこの地球に生きています。

その個の本体は『 我 (純粋な意識) 』

これのみが
この地球上では
幻想ではない
『実体』です。

( なので「すべて幻想」というのは 誤情報 ですね )

それが年を取り
成長していくに従って
自我&エゴをまとっていきます。

あらゆる幻想 (自我&エゴ・観念) を溜め込みながら
成長していきます。

それがある時、
悟りや覚醒といった情報を目にするようになる。

「そろそろ本体の自分にリターンする時期だね」って。

「たくさん溜め込んできた幻想 (観念) を
今度は剥ぎ落としていくステージだよ」ってね。

でも私たちの周りには
自我の撒き散らしたフェイクの情報があふれています。

本体の自分に戻るのに
それらのフェイクの情報が邪魔をするわけです。

自我があらゆるフェイクの情報をアナタに見せて洗脳するのです。

そのトラップをかいくぐっていかなきゃ
本体の自分には戻れないのですよ?

それなのに、

アナタがたは自惚れ
慢心しきっているがゆえ、

自我に頭を占領されたまま
様々なトラップに
まんまとハメられてしまってるわけなのです。

「幻想世界を楽しもう~♪」

いいんじゃないですかね、
好きなだけ魔境にいれば。

魔境固定で人生終えるっていうのは、
幻想にマヤかされたまま
本体の自分に還りつけなかった

それだけのことですから。

それに。

肉体の寿命が尽きたなら
自ずと幻想から解かれるのですしね。

生きているうちに幻想から醒めて
『我』として生きていくのか、

フェイクの情報に囲まれて
幻想にチヤホヤされた人生を生きるのか。

もちろん 後者の方が楽チンではあります。