真理

 

前回の記事で『魔境』について少し書いたね

 

私がなぜ魔境について
「恐ろしいものじゃないよ」
と断言したのか分かるかな

 

それは私が魔境を実際に経験し、
通過した実体験者で、
魔境についてとことん内観し、
魔境と呼ばれてきたものの正体を見抜いたから言えてるんだよ

 

✳︎

 

今回は『真理』というタイトルにしてみた

 

人それぞれに意見はあるかと思うけど、
私の中で『真理』と『真実』は確実に違う

 

真理は『真の理 (真のことわり) 』

『神理 (神のことわり) 』でもある

これはこの世で唯一、永久普遍のもの

すべての人間に同じように通じるもの

 

一方、真実は、人それぞれに異なり、個人の中でも折に触れ変化していくもの

私はそんな風に考えている

 

この記事では、どうすれば真理を知覚するようになれるのか、
その仕組みをできるだけ解りやすく書こうと思う

 

✳︎

 

私がこのブログを始めようと決心できたのは、自分が5次元に入ったと確信を持てたから

 

これはね、
私が長年、自我&エゴを淡々と内観昇華させてきて、
意識のお掃除をしてきて、
意識のフィルターがクリアになっているからこそ、
内観して得た情報、
知覚できたこと、
降りてきたもの、
浮かんでくることが真実なのだと、
自分自身で確信を得られるようになれたから

 

『意識のお掃除』とは、
顕在意識、潜在意識、深層意識という意識の部屋をクリアにしていくこと

(精神分析学では人間の精神構造を『表層意識・潜在意識・無意識』などという3つの層に分けているけど、このブログ内では分けて考える必要はない)

 

この意識というのはアナタの『我』のこと

 

元々の私たちの意識は純粋な『我』なのだけど、
ほとんどの人が現在、
言い方は悪いけど、
この意識の部屋がゴミ屋敷のようになってしまっているのね

 

数十年生きてきて、
自我やエゴというガラクタで
この意識の部屋がパンパンになってる状態なのよ

 

自我&エゴとは、
観念
常識
既成概念
思い込み
決めつけ
こだわりや執着
勘違い
各種の専門知識なんかのこと

 

これらが意識の部屋にパンパンに詰まっているのね

 

今のアナタがたは、
この意識の部屋が元々の純粋な『我』ではなく、
自我 (頭) に占められていて、
自我 (頭) に支配されている状態なの

 

ほとんどすべての人間は、
その状態で日常生活を送っているんだよね

 

そして減らすことはせず、
自我&エゴを増やし続けている

 

この意識の部屋は、
(イメージしてみてね)
今は自我&エゴというガラクタでパンパンになってて、
窓からの光も入ってこれない状態で真っ暗なんだけど、

お掃除していくと、
ガラクタが少しずつ減っていくから、
窓も少しずつあらわになってきて、
光が差し込んでくるようになるよね

 

それが目が開いてくる (目醒めてくる・覚醒) ということ

 

お掃除といってもね、
ガラクタ (自我&エゴ) を部屋の外にポイポイ出して捨てていく! のではないの

言ってみれば “透明 (クリア)” にしていくことなのね

 

スピで「浄化」とよく言うけど、
私的にはなんか違うかなと思う

浄化しなきゃならないような汚れたものはそもそもないし、
自我とは『我』から生まれたものなのだからね

 

透明になるとは、
内観し、昇華された自我&エゴが、
その部屋 ( 意識 =『我』) にシュ~って吸収されていく、
生まれた場所に戻っていくようなイメージなのね

 

そのガラクタ (自我&エゴ) が透明になっていくごとに、
その意識の部屋の空いたスペースに真我 (真の我) が顕れ出て来れるようになっていく

 

部屋 ( 意識 =『我』) の中で、
自我と真我が徐々に融合していくイメージ

 

自我がきれいにお掃除できたら、
自我と真我は一体になり (統合) 、
自我でもない真我でもない純粋な『我』となる

 

真我には対になる自我があり、
これらの状態ではまだ二元だからね

 

でも『我』になると一元になる

 

それまでは自分という肉体をもった人間としての意識が『自我』だったのが、
『我』として地球で暮らしていくようになるんだよ

 

これが本物の悟り (解脱) なのね

 

そしてこれが真我覚醒の道程

 

(自我とエゴはその人の中で非常に複雑に絡まりあっているので、分けて考える必要はない)

 

この真我覚醒の道程を経ないと、
確信の得られる知覚や情報はそう簡単には降りてこないし、
真理なんて到底たどり着けない

 

“自我&エゴ” の頭であれこれ考えてみても、
自我&エゴに都合のいいマヤカシの知覚や情報しか降りて来ないし、
目に入って来ないんだよね

 

4次元での情報が降りてくるとは、
閃きや直感、
リーディング、ご宣託、霊言、
チャネリングメッセージなどのことね

 

その降りてきた情報を、
自分で内観・検証しないまま、
ネットや本などで拡散し、
マヤカシや幻想でゴチャゴチャになってしまっているのが4次元スピ世界であり、
今の地球なんだよね

 

『真理』の知覚は、
自分自身で地道にコツコツ意識の部屋のお掃除をし、
真我覚醒していかないと、
自我&エゴの頭で知らされることは決してないんだよ

 

例えば『エゴ』の解説ひとつとってみても、
みんなが様々なことをあちこちで書いているよね

『エゴ』という情報が1つにきちんと定まっていないのがよく分かる

 

各々が自我の頭で思考判断したことを書いていて、
真理に基づいてないからこういうことが起きているわけ

 

スピリチュアル世界では、
自我&エゴまんまなのに、
自分の考えが正しいと、真理だと、
思い込んでいる人がホントに多い

 

それは常に己を省みることをやってないから

 

スピブログとか読んでると、
自信満々で自分のスピ的能力、覚醒はかなりいいレベルまで来てると内心で思っている人もたくさんいる

(謙虚なフリはしてても私にはぜんぶ丸見え)

 

私はなんでそんなに自信満々でいられるのかが不思議でならない

己を省みる習慣があると、
自分のスピ的覚醒レベルがスゴイなんて、
簡単には思えないはずなんだけどね

(かといって自己卑下するのも違うけどね、自己卑下も自我&エゴだから)

 

まぁ、彼らは自己満足に浸りきって楽しんでるんだから、それはそれでいいんだけどね

 

真理ってね、
この地球では簡単に解り得ないようになってるんだよ

 

世界じゅうの本やスピブログを読み尽くしても載ってはいない

 

それを自分自身で探求することこそが地球での私たちの楽しみなんだから、
簡単には解らないようになっているんだよ

 

例えば覚者たちの本を何百冊と読んでいる人もたくさんいるようだけど、
それは知識を頭に詰め込んでいるだけで、
それは自我&エゴを満足させているだけ

 

4次元の人たちは、
仕入れたそれらの膨大な知識を、
一つ一つ、
内観、検証、精査、
そして自分の腑で納得していかないとならないのよ (★)

 

だけど、ほとんどの人がそれをやっていない

 

スピ本のレビューとか読むとよく分かるけど、
「これは正しいこと、真理が書かれている」
とかって書いているでしょ

 

「これは正しいこと、真理が書かれている」
って思っている、
思いたいのは、
自我なのだ、
ということにスピオタクさんたちは気がついていないんだよね

 

スピオタクさんたち、
頭 (己の自我&エゴ) で理解しているだけで、

さらに、自分の頭 (自我) が納得できないものや人を糾弾しようとする人も、スピ世界にはたくさんいるよね

 

これがスピリチュアル世界の現状なんだよね

 

上に書いたこと (★) をやらないままだと、
仕入れた知識は意識の部屋のガラクタになっていく

 

その意識の部屋がパンパンなのが今のアナタがた

 

それから、
仏典や教典や聖書、覚者たちの本、
これらは参考にするのはもちろん構わないけど、
真理であるとは思わない方がいい

 

真理はアナタが自分自身で見つけ出していくものなんだからね

 

ついでなので『輪廻転生』のことも少し書いておこうかな

 

私は実際に、
自分で前世を思い出す
という体験を何度かしたことがあった

(ヒプノセラピーや人から聞かされたのではなく)

 

フワフワスピにハマってた私はしばらくはその前世体験に浸って楽しんだよ

 

でも内観の習慣がすでに身についていたし、
疑うことを常にやっていた私は、
自分のこの前世体験についても徹底的に内観したの

 

そして、
「 輪廻転生は〇〇 (アル/ナイ) 」
という結論を出した

 

だけどねぇ、
私は「前世の記憶を思い出す」という体験はしたけど、
「死んで生まれ変わってきた」という体験はしてないんだよね

 

ゆえにその体験について内観したこともない

 

なので、
「輪廻転生は〇〇」
とは断言はできかねるんだよね

 

だからこのブログでそれを解ったかのようには書けない

 

私が出した結論
「輪廻転生は〇〇、これが真理です」
とは私からは言えない

 

輪廻転生についても何にしても、
古来からのたくさんの覚者、聖者、宇宙や高次元のマスターたちの語ることを信じる、鵜呑みにする、
ではなく、

彼らが語ってきたことを
アナタが自分自身で内観・検証していくしかないんだよ