スピリチュアルとは 別記

PSX_20190803_174300.jpg

 

 

霊的な能力を扱える「霊能者」という存在は
スピリチュアル界ではトップクラスに君臨しているというか、

リーディングにヒーリングに除霊に予知能力に進路相談にと、
人間の諸問題を霊能力を使って解決に導いてくれる
スピ界になくてはならない卓越した能力者たちと言える

 

3次元レベルの詐欺師の霊能者のことは置いとくとして、

霊能者にも能力レベルはピンからキリまであるようだけど、

霊能者やヒーラーにホンモノもニセモノも似非もないからね

ホンモノかニセモノか判断しているのは自我&エゴ(その人の観念)だからね

 

高級霊が指導しているからホンモノの霊能者だとか、
低級霊も見抜けない霊能者はニセモノだとか、

そういった判定や優劣比較ってのは
4次元スピの中だけの自我&エゴの二元思考なんだよね

 

また、霊能者やヒーラーのメッセージをスピオタクさんたちはありがたがって拝聴しているけど、
それらはすべて4次元のレベルを超えることはない

アカシックや高次元と繋がって降ろされたものでもない

ただ3・4次元の中で霊能力を顕現できているだけで、
どう転んでも彼らは4次元スピ世界の住人に過ぎない

 

どんなタイプやどれほどのレベルであるにしろ、
霊能者とは4次元の住人だということで、
アナタと同じステージにいるということ

 

3・4次元の人たちはお互いに支え合い助け合って学んだり成長していくのだから、
霊能者に助けてもらったり、
ご神託やメッセージを降ろしてもらったり、
心を救ってもらっている人もたくさんいて、
それはなんら批難されることではない

 

でも、
霊能力がどれだけ強いとか、
浄霊してくれたとか、
どんな重病の人でもヒーリングで治せるとかいっても、
同じ4次元の住人同士なのであり、
霊能者は崇めたり信者になったりするような対象ではないということ

 

すごいと評判になるほどの霊能力があって予約も取れないほどだったり、
逆に宣伝せず紹介でしか受けなくてひっそりと無料で活動している霊能者もいるけど、

どんな霊能者も霊能者

 

霊能者は己の自我&エゴに支配されているスピ世界の住人に過ぎない

 

ほとんどの霊能者は
霊の世界を完全に信じきっている

だから霊能者として活動しているわけよね

彼らは覚醒などしていない

それどころか
覚醒する気なんてない霊能者がほとんど

 

もうはっきり言わせてもらうけど

 

霊能者は人々を
4次元スピ世界に足止めするために存在していると言っても過言ではない

 

それが良いとか悪いとか、そんな議論は必要ないレベルの話

 

世の中には
霊能者と仲良くしている人
霊能者を信頼してしょっちゅういろんな相談をしている人
霊能者とスピ活動を共にしている人
霊能者から霊的能力があると言われ自分も霊能者活動をしている人
などがいる

 

霊能者というのは
「あなたの前世は○○だった」とか、
「あなたにはこんなお役目がある」とか、
「あなたは人や世界を癒やし導く力がある」とかって、
スピマインドをくすぐるようなことを言ってくれる

良かれと思っていろんなことを言ってくれる

 

でも

霊能者が言うことは得てして
4次元レベルのものでしかないんだよね

 

もちろんそれがダメというわけじゃない

 

ただ、彼らは無意識に、
寄って来る人たちを自分と同じレベルの世界に居続けさせるように仕向ける、
つまり人をスピ住人で居させようとするんだよね

 

それがスピ世界での
霊能者の人の仕事(ポジション・プログラム)なの

 

霊能者が悪者だとか不要な存在であるとか言っているんじゃない

彼らは時に心の支えとなる貴重なメッセージをくれるしね

 

私は霊能者たちが言うこともやることも否定はしないし、
霊能者を信じる人のことも否定しない

 

ただ、

もしアナタが覚醒を進んでいくつもりなら、
優しく親しみのある霊能者たちを振り切れるのかが試されるよってこと



霊能者を続けていたり
霊的なものを信じ続けているならば
覚醒していけないよ
と私は伝えているだけ


覚醒していきたいと真剣に思う人、
覚醒を目指すまでに来た人は、
霊能者と離れなくては先へは進めないよと言っているの

 

霊能力や霊能者に心酔せず、
信者にならず、
関わったとしてもできるなら深入りせず、
ササッと通過することを私はおすすめしたい


霊能者と一緒にいるのは覚醒が遅くなる

というか、
覚醒を邪魔されているようなものなの

 

それも4次元への足止めトラップなんだよね

 

執着や同情などによって霊能者と離れることができなければ、
アナタはマヤカシの世界に浸かったままでいることになる

 

霊能者というのは
生まれながらに4次元スピ世界の概念が染み着いていて、
それが彼らの日常、常識となっている

 

なので霊的思想なのが普通に当たり前

 

だけど覚醒というのは
スピリチュアルな思想を手放していくことだからね

 

ってことは、
霊能者と一緒にいると
いつまでたっても覚醒なんてできない
ってこと

 

霊能者の友人知人は
アナタの覚醒を阻むために
アナタと一緒にいる

 

別の言い方をすれば、

アナタは魂のプログラムで
自我のトラップとして
その霊能者の友人知人を側に置いている!

ということ

 

4次元住人の霊能者と活動を共にするというのは、
一人抜け駆けして覚醒へ進もうとするのを阻まれることになる

 

アナタの自我は
アナタの覚醒を阻むため
その霊能者の友人知人を側に置いているということなんだよ

 

霊能者の友人知人と一緒にいると、
アナタの嬉しくなるようなことを言ってくれる

例えば
「アナタには高次元マスターの〇〇がついている」
「アナタはあのパワースポットに行けば霊的レベルがアップする」
「アナタの霊格は人より抜きん出ている」
「アナタは〇〇の生まれ変わり」
「アナタは世界を導いていくライトワーカー」
などなど、

いつまでも4次元スピ世界に足止めしようとするメッセージばかりをありがたく教えてくれる

 

「あなたには大変な使命がある」
「人々を導いていくために地球に生まれてきた」
などといろんな霊能力者たちから言われてきたと、
何年も信じてプロフィールに書いているスピオタクさんもよく見かける

 

特に霊能者として公に活動している人って
口が達者な人が多いし、
うまく持ち上げられて洗脳されていくこともある

 

といっても、
ほとんどの霊能者に悪気があるわけじゃない

ほとんどが良かれと思って言ってくれているのだから

自分がスピのマヤカシを広めているだなんて
霊能者は思ってもいないのだから

 

また、
「この世は魑魅魍魎や邪気だらけ」などと言って恐怖心を植えつけたり、
お祓いや浄化の方法を教えたり、
身に何か不調が起こると邪気や生霊に憑かれたせいだと思わせようとするスピオタクさんもいる

 

霊能者を信じていたり一緒にいたりする限りは
真の覚醒へは進めないというトラップに自分で気づくしかない

 
覚醒というのは一人孤高の道を行くこと

 

どれだけ信頼している人だとしても、
他者の言葉を信じてその通りに動いているうちはまだまだ

 

霊能者やヒーラーがどれだけ親身になって
粉骨砕身、人様のために相談にのってくれたり除霊してくれたりしていても、

すべての人間がやっていることは
ぜんぶ自分のため

 

霊能者やヒーラーも例外ではない

 

すべての人は何事も
自分の自我のためにやっているんだよ

 

他者のためにやっている、
他者に奉仕の精神でやっていると思っていても、
ぜんぶ自我が自我のためにやっている

 

自我ではなく無我の捨て身でやっている
と思っている人でも、
それはそう自我に思わせられているだけ

 

だからそれを見抜けないから
覚醒している人がほとんどいないんだよ

 

どれだけ凄腕の霊能者やヒーラーでも
アナタがたと同じ4次元スピ世界の住人に過ぎないし、
彼らも己の自我&エゴを満たしているに過ぎない

 

何度も書いてきたけど、
4次元ではその人の自我&エゴが何でも顕現できるの

それが幻想マヤカシの4次元スピ世界なの

霊能者がやっていることもそれなのよ

 

そこのところを分かっていると
霊能者たちに依存し過ぎることも避けられ
冷静にスピ世界を渡っていくことができるだろう

 

誰かに心酔することは悪いことではないけど、
自分の覚醒を阻むものではあることは知っておいた方がいいと思う